宅建 試験勉強 今週の振り返り⑮

宅建 1週間の振り返り
スポンサーリンク

(前回の記事はコチラ:令和元年度の過去問を解き終わったので考察してみる。)

さて、9月の第1週がもう終わった。

今年の宅建の試験日程は、10/16(日)となっている。この振り返りコーナーもなんやかんやで15回目になるが、残すところあと5回ということになる。

最初の方に、振り返りを記録としてブログに残すのが面倒くさい、と言っていた頃が懐かしい(笑)

(その時に書いたのがコレ:宅建 試験勉強 今週の振り返り②)

ちなみに、この時は試験本番までの残り日数をザル勘定していた。そのため、書かなければならない振り返りの回数を間違えている(笑)

とはいえ自分で言うのも気が引けるが、ブログにしろ宅建の勉強にしろ継続は力なり、ということがここ最近でよく分かった。

“習慣にする”というのは、本当に大事なことだ。

“塵も積もれば山となる”という言葉があるが文字通り、小さなことの積み重ねが大きな事柄や目標の達成につながる。

(参考:宅建に独学で合格するための勉強方法・勉強時間について)

試験本番まで気を抜かず、これからも日々のルーティンを継続してこなしていこう。

またしても前置きが長くなった。それでは、今週の振り返りをしよう。

今週やったこと・分かったこと

今週は、令和元年度の過去問を解き終えた。これで過去問は4回分解いたことになる。

得点は、30/49点だった。(統計は除く)

この年の試験は、50問中35点以上がボーダーらしい。今回はあと5点足りなかった…。

20点近く失点しているが、その中でも自分が特にできていなかった部分が、「法令上の制限」と「宅建業法」だった。

(その際の考察:令和元年度の過去問を解き終わったので考察してみる。)

ちなみに、前回の令和2年度10月分の過去問でも、「法令上の制限」と「宅建業法」が足を引っ張り、得点を伸ばすことができなかった。

この時の得点は、31/49点だった。(統計を除く)

この年のボーダーは50問中38問以上で、あと7点足りなかった。

この時は「法令上の制限」がほぼ全滅、など散々たるものだった…。

(参考:令和2年度 10月分の過去問を解き終わったので考察してみる。)

そのため通勤中の反復学習では、「法令上の制限」と「宅建業法」の分野を集中的にやることにした。

使うテキスト・問題集は、おなじみの「トリセツ」シリーズだ。

この2冊を使って、「法令上の制限」と「宅建業法」をもう一度勉強し直す。この2冊を使った勉強方法を初めて聞いた方は、下の欄のリンクから確認してほしい。ちなみに、僕は2冊ともKindle版を使用している。

(「トリセツ」シリーズを使った勉強法:宅建に独学で合格するための勉強方法 Part2)

まとめ・今後の方針

過去問は継続して解きつつ、通勤中は苦手分野(僕の場合は「法令上の制限」と「宅建業法」)を集中的に勉強することにする。

あと、直前対策の模試も受けようと思う。やはり、試験本番に近い状態でテストを受けることは、1問にかける時間配分やどの問題から手をつけるか、などが分かる・見直しができるので重要だと思う。

そして、もう1つ。みなさんは、コレを覚えているだろうか?

created by Rinker
¥2,200 (2024/07/19 22:11:53時点 楽天市場調べ-詳細)

買ったはいいが、一度サラッと目を通してから全く読まずに放置されている(笑)

内容については、以前軽く触れている。

(参考:宅建 試験勉強 進捗 一問一答式 実践編⑯&「宅建士 リベンジ合格BOOK」 感想①)

幸か不幸か、今月は電車で片道2時間かかる店舗に3回ほどヘルプに行くことになっている。反復学習の箸休めとして、コレを読もうと思っている。

ヘルプに行く際は、この本をカバンに忍ばせることを忘れないように気をつけよう(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました